株式投資

LINE証券の手数料・メリットは?手軽に始められる株式投資の紹介

スポンサーリンク

NAO

LINEのアプリで簡単に株式投資ができるLINE証券はご存知でしょうか?

今回は手軽に始められるLINE証券をご紹介します!

LINE証券とは

LINE証券は、2019年8月20日にサービスが開始されたLINE株式会社完全子会社の「LINE Financial株式会社」と「野村ホールディングス株式会社」で合弁された証券会社です。

 

数百円から始められる、投資初心者向けネット証券会社で今人気を高めてきています。

 

\口座開設はこちら/

LINE証券公式サイトへ

 

LINE証券のメリット(特徴)

メリット

  • スマホで1株数百円から取引が可能
  • 平日は21時まで取引が可能
  • リアルタイム注文・約定
  • 最短翌営業日 から取引可能
  • LINE Payで入金可能

 

LINE証券の手数料

NAO

LINE証券は取引手数料無料だよ!

ですが、スプレッドという取引コストが株価に上乗せされます。

 

日中取引(9:00~14:50)の取引コストは、0.05%です。

 

10,000円の取引をした場合、株価10,000円+手数料0円+取引コスト5円(10,000円*0.05%)=10,005円になります。

 

これはかなり安いです

 

一方で、夜間取引(17:00〜21:00)の取引コストは、0.5%となりかなり割高(株価10,000円の場合10,500円)なので、

 

なるべく日中に取引することをオススメします。

 

投資初心者にオススメな理由

オススメポイント

  • 取引コストが安い
  • 手数料が無料
  • リスクが少ない
  • LINEアプリの機能として外出先でも取引可能

投資を始めたいけどリスクを少なく少額で取引したい方にとっては、LINE証券はオススメです。

 

リスクが少ない分儲けも小さくなります。

 

LINE証券で株の知識を身に付けていくのもいいでしょう。

 

LINEを使っている方であれば簡単に口座開設して始められる点もいいですよね!

 

私が株式投資を勉強した本がこちらです!

 

LINE証券のデメリット

私がLINE証券のデメリットとして感じているのは、取り扱い銘柄の少なさです。

 

LINE証券は日本の有名企業300銘柄を取扱っていますが、日本の上場企業が3,703社(2020年2月14日時点)なので約8%です。

 

株式投資の経験がある方にとっては、300銘柄では窮屈に感じます。

 

ですが初心者の方にとっては、有名企業300社もあれば買いたい銘柄に出会えるのでは無いでしょうか? 

 

LINE証券まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は気軽に始められるLINE証券について紹介しました。

 

今なら先着で現金がもらえる口座開設キャンペーン実施中なのでこれを機に株式投資を始めてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

-株式投資

Copyright© NAOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.